スポンサーリンク

【トランス脂肪酸は敵!】これだけは覚えて欲しい脂質について3つの知識《第92回》

ダイエット
30代 男性
30代 男性

以前の記事に出ていた、「トランス脂肪酸」ってなんですか?

なんとなく体に悪いというイメージしかないので、詳しく教えてほしいです。

からだギモンブログ
からだギモンブログ

ご質問有難うございます。

トランス脂肪酸は、確かに体に悪いものとして広く知られていますよね。

これだけは覚えて欲しいと願う、「脂質について3つの正しい知識」も覚えてみてください!

さっそく質問に対しての回答をさせて頂きます。

トランス脂肪酸とは「人工脂質」と呼ばれ、悪玉コレステロールを増やし血流を悪化させる

  • 動脈硬化、脂肪増加、活性酸素上昇など多数のデメリット(健康被害、太る)
  • マーガリンやショートニングなど食品に多く含まれる
  • 生クリーム、ドーナッツ、スナック菓子などにも含まれる

ご質問にありました、▷以前の記事(糖質ゼロ糖類ゼロでも太る理由)についても是非ご覧ください。

▷活性酸素がなぜ悪いのかは、こちらの記事をご覧ください。

カンタンにですが、自己紹介をさせてください!

  • 84年生まれ ドラゴンボール、スラムダンク世代
  • トレーニング指導歴17年 現役最前線のパーソナルトレーナー
  • ダイエットとボディメイクをメインとした、トレーニングと栄養指導が得意
  • これまでに500人以上のボディメイクに成功
  • 今も積極的に勉強会やセミナーに参加し、情報のアップデートは随時更新
  • からだに対するギモンをお持ちであれば、別記事もご覧ください&ご質問お待ちしております^ ^ ↓

スポンサーリンク

▷トランス脂肪酸について

トランス脂肪酸とは、人工的に作られた脂質であり、天然には存在しない脂質のことです。

マーガリンを塗っています

このトランス脂肪酸が体内に入ると、このようなことが起こります↓

  • 血液をドロドロにする
  • 脂肪を固めて増やす
  • 悪玉コレステロールを増やしすぎてしまう

ダイエッターの皆様は、この3つ↑を見ただけで、「もう今日から食べるのやめよう」となりますよね。

以前の記事で、▷悪玉コレステロールは「悪」じゃない!という記事を書きましたが、増えすぎは問題です。

それでは次に、どんなものにトランス脂肪酸が含まれているかを見てみましょう。

△ 目次に戻る

トランス脂肪酸を多く含む食品

— 多く含む食品 —

  • マーガリン
  • ファーストスプレッド
  • ショートニング

— 少なからず含む食品 —

  • 生クリーム
  • ドーナッツ
  • スナック菓子
  • マヨネーズ

普段から摂取していたら、注意しましょう。

辞められない2つの理由

それでもきっと辞められない、2つの理由があるんです。

  • 美味しい(中毒性アリ)
  • 安い(バターと比べてます)
STYLE矢野
STYLE矢野

一定期間は辞めれていても、脳はあの美味しさを忘れません。

久しぶりに食べたら、なんと美味しいことでしょう!

せっかく5kg痩せたダイエットも、リバウンドして元どおり。

このような事は、よくある事例です。

スーパーに行っても、買わないように気をつけましょう!

△ 目次に戻る



▷脂質についての正しい3つの知識

STYLE矢野
STYLE矢野

脂質は、摂取したら脂肪になるわけではありません。

太る脂質もあれば、健康の為に摂らなくてはならない脂質もあります。

更に、ダイエットに活用できる脂質もあるんです。

これから3つのカテゴリーに分けて、解説させて頂きます。

トランス脂肪酸など体に悪い脂質は摂らない

こちらは冒頭から申し上げている通り、健康害やダイエット効率を下げるので、摂取NGな脂質です。

マーガリン

マーガリンの変わりにバターに変えるなど、栄養素は選んで摂取しましょう。

DHAやEPAなど体に必要な脂質がある

魚に多く含まれるDHAやEPAなどの脂質は、体にとって必要な脂質です。

  • ホルモンの生成
  • 腸内環境の正常化
  • 肌のハリツヤ
  • 代謝の向上 etc…

便秘の改善やアンチエイジングを気にされている方は、体に良い脂質を摂取しましょう↓

また、これら体に良い脂質が摂取できていると、脂溶性ビタミン(A,D,E,K)の吸収率もアップします。

特にビタミンAの摂取率向上は、ダイエット効率に深く関係しますので、一緒に摂取することをお勧めします↓

ダイエットに活用できる良い脂質もある

最後に紹介するのは、「不飽和脂肪酸」です。

別名【痩せる油】とも言われていますね。

この脂質は、このような3つのメリットがあります↓

  • 体内に蓄積されにくい
  • エネルギーとして利用されやすい
  • まわりの脂質もエネルギーとして使われるので、脂肪燃焼されやすい
STYLE矢野
STYLE矢野

私のお勧め摂取方法は、コーヒー+ココナッツオイルです。

以前に撮影した動画を掲載しますので、よければご覧ください!

【ダイエッター必見!】ココナッツオイルで脂肪燃焼力アップする簡単な方法

使用しているのは、こちらのココナッツオイルです↓

継続的に使うものなので、良い品質を安く欲しかったので、これに辿り着きました。

別の記事で、▷脂質で脂肪をなくす!という内容もありますので、是非こちらもご覧ください。

△ 目次に戻る

▷まとめ:トランス脂肪酸と3つの正しい知識

トランス脂肪酸とは↓

  • 人工的に作られた脂質
  • 動脈硬化、脂質異常、活性酸素を増やしてしまう
  • 健康害であり、太る要因となる

脂質についての正しい3つの知識

  • トランス脂肪酸など体に悪い脂質は摂らない
  • DHAやEPAなど体に良い脂質がある
  • ダイエットに活用できる良い脂質もある

少しでもトランス脂肪酸など脂質についての知識が広まり、体が健康になったり、ダイエット効率がアップしてくれることを願っています。

△ 目次に戻る

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この内容が、少しでも読者様のギモン解決や、QOL向上になるよう願っています。

内容がいいねと思ったら、知り合いや大切な友人にシェアしていただけたら嬉しいです。

メールマガジンの配信もしていますので、そちらのご登録もお待ちしております。

ニュースレターのご登録、宜しくおねがいします!

\ からだのギモンを解決する為のブログをアップし続けます! /

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 「◯◯について知りたい!」
  • 「最近◯◯って流行っているけど、実際どうなの?」
  • 「◯◯に悩んでいるから、アドバイスが欲しい」etc...

上記のようなギモンや悩みがありましたら、下記フォームよりコメントをお待ちしております。

    【なぜ夢を見る?】夢と睡眠について4つのポイントから徹底解説!《第95回》
    【体を柔らかくしたい】タイミングにあった2つのストレッチで柔軟性をアップしよう!《第94回》
    【順番】ダイエット効率を最大限高めたい方に伝えたい4つの流れ《第93回》
    【トランス脂肪酸は敵!】これだけは覚えて欲しい脂質について3つの知識《第92回》
    【図解】糖質ゼロ、糖類ゼロでも太る!騙されない為の知識5項目《第91回》
    この記事を書いた人
    からだギモンブログ

    2021年現在、パーソナルトレーナー歴17年の現役指導者です。

    【千葉県八千代市緑が丘 加圧&パーソナルトレーニングジムSTYLE】

    このブログでは、様々なからだのギモンにお答えさせていただきます!

    ・ダイエット情報

    ・姿勢改善

    ・腰痛や肩こりの緩和

    ・栄養情報、食事関連

    ・こどもの運動神経活性化や発育

    運動初心者さんに伝わるような内容から

    専門家が理解していればいいような

    マニアックな内容までお伝えさせていただきます。

    ギモンや質問、悩みがありましたら

    お気軽にコメントください!

    からだギモンブログをフォローする

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました