スポンサーリンク

【抗酸化】30代からのアンチエイジング!オススメの抗酸化栄養素8つを食べよう!《第45回》

体の不調とは

このブログを読むと、こんなことが分かります。

酸化とはなにか?また、酸化するとどうなってしまうのか?

抗酸化物質を含む、具体的な栄養素を8つ紹介します!

このブログの結論からお伝えします!

酸化とは?

  • 呼吸で取り込んだ酸素が使われたあとに発生する、活性酸素が原因
  • 体のサビ、老化、シワや白髪のもとになる
  • がんや生活習慣病の原因にもなってしまう

抗酸化作用を持つ栄養素8つ

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • コエンザイムQ
  • フラボノイド系ポリフェノール
  • 非フラボノイド系ポリフェノール
  • 硫黄化合物
  • カロテノイド

カンタンにですが、自己紹介をさせてください!

  • 84年生まれ ドラゴンボール、スラムダンク世代
  • トレーニング指導歴17年 現役最前線のパーソナルトレーナー
  • ダイエットとボディメイクをメインとした、トレーニングと栄養指導が得意
  • これまでに500人以上のボディメイクに成功
  • 今も積極的に勉強会やセミナーに参加し、情報のアップデートは随時更新
  • からだに対するギモンをお持ちであれば、別記事もご覧ください&ご質問お待ちしております^ ^ ↓

スポンサーリンク

▷酸化(体のサビ)と戦おう!

▶︎酸化とは

酸化とは、使われなくなった酸素がうまく処理できずに、【活性酸素】に形を変えて、体の内部を攻撃してしまう状態のことです。

活性酸素の種類 ↓

毒性NO.1 ヒドロキシカジカル

同率NO.2 スーパーオキシド、一重項酸素

からだギモンブログ
からだギモンブログ

活性酸素は年齢とともに増えるとされていますが、その他にも増える要因はあります。

ストレス、食品添加物、多量飲酒、タバコ、紫外線etc…..

この活性酸素と上手に付き合い、うまく除去できる体を作ることで、アンチエイジングや健康な体を作ることが出来るんです!

△ 目次に戻る

▶︎酸化するとどうなる?

体が酸化してしまうと、このような症状になってしまいます。

老化(シワ、しみ、白髪など)

がん予備軍

糖尿病

脂質異常症

動脈硬化

生活習慣病の原因

かかりたくないし、見たくもない言葉がズラッと並んでいますよね。

また、ダイエットの阻害要因にもなり得るので、除去できる力をつけましょう。

△ 目次に戻る

▶︎疾患のリスクは

上記で記述しました、がんや動脈硬化以外にも、目の細胞やタンパク質を傷つけてしまうと、

・白内障

・緑内障

などになってしまうリスクもあるんです。

次のブロックでは、酸化をさせない(抗酸化)為の栄養素を、具体的に紹介したいと思います。

△ 目次に戻る



▷抗酸化作用を持つ栄養素8つ

▶︎抗酸化作用とは

抗酸化作用とは、体内で増えた活性酸素を除去して、体を守ることを表します。

また、すでに酸化されてしまった体の錆びを修繕してくれるので、次に紹介する栄養素(抗酸化物質)を積極的に摂取するようにしましょう!

抗酸化物質とは・・・

酸化されやすい物質のことです。

活性酸素によって体が酸化されるよりも優先的に酸化してくれるので、体を酸化から守ってくれます。

(抗酸化物質が酸化してくれる為、体は無傷でいられます)

△ 目次に戻る

▶︎ビタミンA

レチノールやカロテンなど、体内でビタミンAとして働く物質の総称です。

特に、緑黄色野菜に含まれるβカロテンは抗酸化力が強いのでオススメです。

野菜を食べる習慣がなかったり、適切量を摂取できない場合はサプリメントで補いましょう。

△ 目次に戻る

▶︎ビタミンC

脂肪燃焼にも使われる栄養素のビタミンCです。

100%サプリメントでの摂取をオススメしています。

その理由を知りたい方は、下記ブログをご覧ください!

△ 目次に戻る

▶︎ビタミンE

最も抗酸化力が強いとされている栄養素です。

植物性油脂、ナッツ類、かぼちゃなどに多く含まれています。

ビタミンC、ビタミンAと一緒に摂取すると、相乗効果バツグンです!

△ 目次に戻る

▶︎コエンザイムQ

ビタミンと同様の働きをしてくれる栄養素です。

こちらもビタミンE同様に強い抗酸化力があり、アンチエイジングに役立ちます。

いわし、サバ、牛肉、豚肉などに多く含まれます。

いわし、サバにはDHAとEPA、さらにタンパク質も摂取できてしまいます。

牛肉と豚肉にはビタミンB群、タンパク質も摂取できるので、夏にお勧め食材ですね。

△ 目次に戻る

▶︎フラボノイド系ポリフェノール

活性酸素の代表ともいえる、スーパーオキシド、一重項酸素を無毒化してくれます。

  • アントシアニン(赤ワイン)
  • イソフラボン(大豆)
  • ケルセチン(たまねぎ)
  • カテキン(緑茶)
  • テアフラビン(紅茶)
  • セサミン(ごま)
  • セサミノール(ごま)

△ 目次に戻る

▶︎非フラボノイド系ポリフェノール

こちらもフラボノイド系ポリフェノール同様の効果を持ちます。

  • クルクミン(ウコン)
  • クロロゲン(コーヒー)
  • フェルラ酸(米ぬか)

△ 目次に戻る

▶︎硫黄化合物

毒性NO.1のヒドロキシカジカルの除去に効果的です。

  • システインスルホキシド類のアリシン(にんにく)
  • イソアリシン(ねぎ類)

△ 目次に戻る

▶︎カロテノイド

スーパーオキシドやヒドロキシラジカルの除去に効果的です。

  • αカロテン(にんじんの葉、黄色ピーマンなどの緑黄色野菜)
  • βカロチン(にんじん、ほうれん草、小松菜などの緑黄色野菜)
  • βクリプトキサンチン(みかん、パプリカ、柿など)

△ 目次に戻る

▷まとめ

酸化について、抗酸化作用とは、それを含む食材(栄養)をお伝えさせて頂きました。

酸化とは?

  • 呼吸で取り込んだ酸素が使われたあとに発生する、活性酸素が原因
  • 体のサビ、老化、シワや白髪のもとになる
  • がんや生活習慣病の原因にもなってしまう

抗酸化作用を持つ栄養素8つ

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • コエンザイムQ
  • フラボノイド系ポリフェノール
  • 非フラボノイド系ポリフェノール
  • 硫黄化合物
  • カロテノイド

特に夏場は、どの季節よりも酸化が働きやすいとされています。

適切な食事と休養で、アンチエイジングや日々の酸化と戦いましょう!

△ 目次に戻る

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この内容が、少しでも読者様のギモン解決や、QOL向上になるよう願っています。

内容がいいねと思ったら、知り合いや大切な友人にシェアしていただけたら嬉しいです。

メールマガジンの配信もしていますので、そちらのご登録もお待ちしております。

ニュースレターのご登録、宜しくおねがいします!

\ からだのギモンを解決する為のブログをアップし続けます! /

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 「◯◯について知りたい!」
  • 「最近◯◯って流行っているけど、実際どうなの?」
  • 「◯◯に悩んでいるから、アドバイスが欲しい」etc...

上記のようなギモンや悩みがありましたら、下記フォームよりコメントをお待ちしております。

    【体重公開!】4日間きゅうりダイエットに挑戦してみました!《第80回》
    【SNS紹介】アカウントの奥にいる「人」へ届けたい《第79回》
    【ダイエットマインド】ダイエット中にあるイベントへの向き合い方3選《第78回》
    【ダイエット術】きゅうりダイエットについて、徹底解説します!《第77回》
    【1日3食が痩せるってホント?】朝ごはん問題をズバッと解決!!!《第76回》
    この記事を書いた人
    からだギモンブログ

    2021年現在、パーソナルトレーナー歴17年の現役指導者です。

    【千葉県八千代市緑が丘 加圧&パーソナルトレーニングジムSTYLE】

    このブログでは、様々なからだのギモンにお答えさせていただきます!

    ・ダイエット情報

    ・姿勢改善

    ・腰痛や肩こりの緩和

    ・栄養情報、食事関連

    ・こどもの運動神経活性化や発育

    運動初心者さんに伝わるような内容から

    専門家が理解していればいいような

    マニアックな内容までお伝えさせていただきます。

    ギモンや質問、悩みがありましたら

    お気軽にコメントください!

    からだギモンブログをフォローする

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました