スポンサーリンク

【熱中症】今年の夏はもうならない!5つの予防策《第36回》

Q&A

質問いただきました!(※2021年7月10日)

40代 女性
40代 女性

間も無く梅雨が明け、私にとっては恐怖の夏がやってきます。

毎年と言っていいほど熱中症になってしまうので、とても悩んでいます。

食欲は落ちないので、痩せもしません。

なにか効果的な予防策や、改善点などを教えていただけないでしょうか?

からだギモンブログ
からだギモンブログ

ご質問有難うございます!

私もなったことがありますが、熱中症にかかると本当に辛いですよね。

今回のブログでは、熱中症対策として一般的に言われていることから、もしなってしまった時の回復策まで、お伝えさせていただきます。

カンタンにですが、自己紹介をさせてください!

  • 84年生まれ ドラゴンボール、スラムダンク世代
  • トレーニング指導歴17年 現役最前線のパーソナルトレーナー
  • ダイエットとボディメイクをメインとした、トレーニングと栄養指導が得意
  • これまでに500人以上のボディメイクに成功
  • 今も積極的に勉強会やセミナーに参加し、情報のアップデートは随時更新
  • からだに対するギモンをお持ちであれば、別記事もご覧ください&ご質問お待ちしております^ ^ ↓

スポンサーリンク

▷熱中症の予防策を5つ紹介します

このブログを書いているのは、2021年7月12日(月曜)です。

私は千葉県にいるのですが、今週には関東地方も梅雨明け宣言が発表されるとのことでした。

湿度や温度が急に上昇し、その暑さに体が慣れていないので、異様に疲れたり、グッタリしたことはありませんか?

それが熱中症です。

熱中症とは?

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと。

熱中症になったことがある方はわかると思いますが、あの辛さは本当にしんどいですよね。

私も暑さに慣れる為に外をランニングをするのですが、つい長距離を走りすぎたりすると、後悔するぐらいダルくなったりします。

屋外はもちろん、屋内にいても熱中症になる危険性があります。

今回は、熱中症を予防する為、もしくはなってしまったあとの回復策として、5つ紹介させていただきます。

△ 目次に戻る

塩分チャージ(予防&回復)

熱中症対策の定番と言えるぐらい、認知度が高くなったのが、この「塩分チャージ」です。

予防策として、運動前や運動中に食べてもいいですし、体力をリカバリーする意味で、運動後に食べてもいいという、万能サプリメントになります

摂取する時のポイントとして、一度にたくさんの塩分チャージを食べるのではなく、まず一個だけ口に入れて、水分と一緒にゆっくり食べてください。

それが溶けたりなくなったら、もう一個食べましょう。

こうすることで、より効果的に塩分摂取ができますし、余計な糖質を摂取しなくて済みます。

△ 目次に戻る

経口補水液 オーエスワン(回復)

こちらは熱中症になってしまった時、回復する為にお勧めのドリンクです。

経口補水液といって、人体の体液に一番近いとされている構造の為、吸収率が高いことが人気の理由です。

少し前に、有名人の所ジョージさんが熱中症で倒れて、その時にOS1を飲んだことで回復したというニュースがありました。

冒頭で回復の為のドリンクと書きましたが、予防として出掛け先には凍らせて持っておくなどの準備はお勧めです!

△ 目次に戻る

ビタミンB1(予防)

ビタミンB1は、主に糖質代謝に使われる栄養素です。

夏場はなにかと、糖質摂取量が増えてしまいがちになりませんか?

  • 麺類
  • アイス
  • ビールなど

そしてこのB1が体内から足りなくなると、疲れやすくなったり、ダルくなったりと体の不調に直結してしまいます。

また、サプリメント以外にも自然食としては、豚肉、うなぎ、蕎麦、ピーナッツなどに豊富に含まれています。

△ 目次に戻る

ビタミンC(予防)

ビタミンCも不足すると、B1同様に疲れやすさやダルさに直結する栄養素です。

食欲低下(不振)にも繋がるので、ビタミンB群とビタミンCは毎日定期的に摂取をすることを、強くお勧めします。

また、ビタミンCはコラーゲン生成にも必要な栄養素です。

夏の紫外線対策(シミ、そばかす対策)にもなりますので、美容の為にも通常の5倍くらいの摂取量を続けてみてはいかがでしょうか。

△ 目次に戻る

枝豆(予防&回復)

枝豆に含まれる「オルニチン」という栄養素も熱中症予防をするにあたって重要になります。

夏は冷たいビールを飲みすぎて二日酔いになったり、疲労がたまったりしがちですが、二日酔いや疲労の蓄積は熱中症の危険を高めます。

「オルニチン」はアルコールの分解を促し、肝機能を回復する効果があるので、おつまみにおすすめです。

ビタミンB1、カルシウム、タンパク質も取ることができるので熱中症予防と回復食としておすすめです。

▷まとめ

【熱中症予防策と、もしなってしまった時の回復策】

  • 塩分チャージ
  • 経口補水液
  • ビタミンB1
  • ビタミンC
  • 枝豆

この夏をめいっぱい楽しめるように、しっかり予防をしましょう!

△ 目次に戻る

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この内容が、少しでも読者様のギモン解決や、QOL向上になるよう願っています。

内容がいいねと思ったら、知り合いや大切な友人にシェアしていただけたら嬉しいです。

メールマガジンの配信もしていますので、そちらのご登録もお待ちしております。

ニュースレターのご登録、宜しくおねがいします!

\ からだのギモンを解決する為のブログをアップし続けます! /

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 「◯◯について知りたい!」
  • 「最近◯◯って流行っているけど、実際どうなの?」
  • 「◯◯に悩んでいるから、アドバイスが欲しい」etc...

上記のようなギモンや悩みがありましたら、下記フォームよりコメントをお待ちしております。

    【ワクチン接種反応】自身の反応と予防方法について《第81回》
    【体重公開!】4日間きゅうりダイエットに挑戦してみました!《第80回》
    【SNS紹介】アカウントの奥にいる「人」へ届けたい《第79回》
    【ダイエットマインド】ダイエット中にあるイベントへの向き合い方3選《第78回》
    【ダイエット術】きゅうりダイエットについて、徹底解説します!《第77回》
    この記事を書いた人
    からだギモンブログ

    2021年現在、パーソナルトレーナー歴17年の現役指導者です。

    【千葉県八千代市緑が丘 加圧&パーソナルトレーニングジムSTYLE】

    このブログでは、様々なからだのギモンにお答えさせていただきます!

    ・ダイエット情報

    ・姿勢改善

    ・腰痛や肩こりの緩和

    ・栄養情報、食事関連

    ・こどもの運動神経活性化や発育

    運動初心者さんに伝わるような内容から

    専門家が理解していればいいような

    マニアックな内容までお伝えさせていただきます。

    ギモンや質問、悩みがありましたら

    お気軽にコメントください!

    からだギモンブログをフォローする

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました