【夏と冬どっちが痩せる?】ダイエットは結局◯◯のが痩せる4つの理由《第126回》

Q&A

【夏と冬ならどちらが痩せるか】を解説させていただきます!

さっそく結論からご覧ください↓

夏のほうが痩せる!(4つの理由は後述します)

質問いただきました!

夏と冬なら、どっちが痩せやすいんですか?

STYLE矢野
STYLE矢野

私の答えは、「夏」です。

これから4つの理由を交えて、解説させていただきます。

カンタンにですが、自己紹介をさせてください!

  • 84年生まれ ドラゴンボール、スラムダンク世代
  • トレーニング指導歴19年 現役最前線のパーソナルトレーナー
  • ダイエットとボディメイクをメインとした、トレーニングと栄養指導が得意
  • これまでに600人以上のボディメイクに成功
  • 今も積極的に勉強会やセミナーに参加し、情報のアップデートは随時更新
  • からだに対するギモンをお持ちであれば、別記事もご覧ください&ご質問お待ちしております^ ^ ↓

スポンサーリンク

▷夏と冬のダイエット論争に終止符を

「夏と冬なら、◯◯のが痩せやすい!なぜなら…」みたいな情報は、たくさんありますよね。

ネットで調べれば、多くの記事や情報が出ており、その見解はさまざまです。

STYLE矢野
STYLE矢野

今まで数多くのお客様のパーソナルトレーニングを担当してきました。

その中で思うのは、圧倒的に夏のほうが体重や体脂肪率、見た目の変化が出やすいということです。

「冬は寒いから、体温を維持しようと代謝が働くことで痩せやすい」

↑これには共感できます。

ですが、冬のダイエットには、痩せにくい理由のオンパレードと考えます。

代謝上がってても、食べたり呑んだりすればカロリーオーバーですからね。

その理由も交えて、これから解説させていただきます。

▷その1:気候の有利性

「夏」といったら、どんな事を思い浮かべますか?

  • 暑い
  • 夏休み
  • プール
  • バーベキューetc…

そう、夏は暑いんです。

暑いと、体温を調整しようとして、汗が出ますよね。

夏の暑さや運動した熱で暑くても、汗が出ない方は、まずこの代謝向上からダイエットを始めましょう。

このように、汗をかいて体温を調整することを、熱放散システムと呼びます。

つい先ほど、「冬は寒いので体温を維持しようと代謝が働くから痩せやすい」と書きましたが、冬のそれより夏のが圧倒的に代謝率が高いんです。

ここで、ダイエットの基本となる、脂肪燃焼の5ステップをおさらいしておきましょう↓

  1. 運動する(筋トレや有酸素運動)
  2. 体が熱を生む(筋肉の引き締め)
  3. 血液の流れが早くなり、全身に流れる(←ココ1番重要!)
  4. 血液が内臓や筋肉に脂肪細胞を運んでくれる
  5. 内臓や筋肉で脂肪が分解、燃焼されてなくなる

この1番大事な【3】をスムーズに行えるのが、冬よりも、夏なんです。

冬だと寒く、体(関節や靭帯)が固まっている為、しっかりとウォーミングアップをして体を温めなければなりません。

その手間が省けて、時短トレーニングで終わることも、夏ダイエットのメリットと考えます。

更に、こういった脂肪燃焼用のサプリを運動前に摂取することで、結果を早く出すことができます↓

▷その2:服装(見られる意識)

夏は暑いので、薄着になりますよね。

Tシャツ、ワンピース、ノースリーブ、ハーフパンツ、海やプールでの水着などなど。

薄着になれば、今まで隠せていた部分や体型が、ついに露出されることになります。

  • 二の腕
  • お腹
  • おしり
  • ふともも
  • ふくらはぎetc..

更にマスク自由化もあり、着用しないことから、顔の丸みも痩せたいなと思ってませんか?

※現在 2023年7月26日

人は、見られる意識を持つと、気持ちの変動に駆られます。

人前に立つと緊張するのと、体型を見られるから二の腕を細くしたいという気持ちの共通点は、「焦り」です。

焦燥感は、人の心を奮い立たせる強い動機となります。

※「痩せたい→痩せなきゃ」「食べないようにする→絶対食べちゃダメ」など

このモチベーションが高まってる時期(夏)なので、結果が出やすい要因の一つです。

今すぐ、お住まい近くのパーソナルトレーニングジムのサイトを開いて、体験予約しましょう!

◯◯タイムなど24hジムは、結局行かなくなるのでお勧めしません。

STYLE矢野
STYLE矢野

月5千円の24hジムを1年間通って6万円支払うなら、月3万のパーソナルトレーニングジムを2ヶ月通ったほうが、同じ金額で絶対に痩せます。(トレーニング初中級者対象)

痩せ方を知れますからね!



▷その3:食べ物

夏は暑いので、サッパリした食べ物を欲しませんか?

代表例では↓

  • そうめん
  • 冷やしトマト
  • きゅうり
  • 冷やし中華
  • かき氷
  • くずもち etc…

どれも冷たく、夏らしい食べ物ですよね。

それでいて、カロリーも少なく、消化も良く、体に必要な栄養もしっかり取れる食材だらけです。

そうめんなどはツルッと食べ進められるので、食べすぎでカロリーオーバーになるので注意が必要です。

その点、冬の料理の特徴として↓

  • 味付け濃いめ
  • こってり系の料理

糖質と脂質の、過剰摂取になってしまうことが多く考えられます。

STYLE矢野
STYLE矢野

冬にダイエットが成功しない要因のひとつとして、イベントが多い事が挙げられます。

ハロウィンから始まり、忘年会、クリスマス、年末年始の集まり、新年会、バレンタインと続くのが、冬に痩せにくい理由です。

冬は鍋料理が主役になることも多いですよね。

ですが、ヘルシーにしているつもりが、実は量をたくさん食べていて、カロリーオーバーになっていたなんて事も頻繁にあり得ます。

間違っても〆の麺や、ごはんには手を出さないようにしましょう!

▷その4:旅行へのモチベーション

夏の旅行先といえば↓

  • 沖縄の海
  • 渓流でラフティング
  • ハワイ
  • グアム
  • バリ etc…

やはり海やアクティビティーを楽しめるところが、人気となってきます。

そうなると、今より少しでも痩せたり、引き締まった体で行きたいと思いませんか?

このモチベーションは最大の武器になります。

「いつまでに、こうなりたい!」という明確な目標設定は、ダイエットの成功率を大幅にアップすることができます



▷まとめ:夏推しだけど、結局継続した人が勝つ

最後にまとめです。

夏と冬なら、夏のほうが痩せやすい!

4つの理由↓

  • 気候の優位性
  • 服装(見られる意識)
  • 食べ物の違い
  • 旅行へのモチベーション

夏推しとしてここまで解説をさせていただきましたが、結局は、継続した人が結果を出すんですよね。

一番大事なのは、「いかにしてモチベーションをキープしながら、ダイエットに取り組めるか」と考えます。

この夏の暑さを利用して、モチベーションキープしながら、目標を達成しましょう!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この内容が、少しでも読者様のギモン解決や、QOL向上になるよう願っています。

内容がいいねと思ったら、知り合いやご家族、大切な友人にシェアしていただけたら嬉しいです。

メールマガジンの配信もしていますので、そちらのご登録もお待ちしております。

ニュースレターのご登録、宜しくおねがいします!

\ からだのギモンを解決する為のブログをアップし続けます! /

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 「◯◯について知りたい!」
  • 「最近◯◯って流行っているけど、実際どうなの?」
  • 「◯◯に悩んでいるから、アドバイスが欲しい」etc...

上記のようなギモンや悩みがありましたら、下記フォームよりコメントをお待ちしております。

    【辛い寝違えの対処法】首のケア方法5選を紹介《第132回》
    【1週間で5kg落とす】これが超具体的な方法だ!《第131回》
    【今年こそ冬太りを防ぐ!】太りやすい原因の解説と7つの対策《第130回》
    【睡眠は量より質】快眠して疲労を回復するとっておきの方法7選《第129回》
    【さつまいもは太る?】焼き芋の栄養、カロリー、食べ方などダイエット向けに知っておいて欲しい情報6選!《第128回》
    この記事を書いた人
    矢野 貴宏

    2024年現在、パーソナルトレーナー歴19年の現役指導者です。

    【千葉県八千代市緑が丘 ダイエット専門 加圧&パーソナルトレーニングジムSTYLE】

    このブログでは、様々なからだのギモンにお答えさせていただきます!

    ・ダイエット情報
    ・姿勢改善
    ・腰痛や肩こりの緩和
    ・栄養情報、食事関連
    ・こどもの運動神経活性化や発育

    運動初心者さんに伝わるような内容から、専門家が理解していればいいような、マニアックな内容までお伝えさせていただきます。

    ギモンや質問、悩みがありましたらお気軽にコメントください!

    矢野 貴宏をフォローする

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました