スポンサーリンク

【多色野菜】話題のファイトケミカル7つについて解説します!《第41回》

栄養

このブログを読むと、こんなことを知ることができます。

  • 「ファイトケミカル」について
  • 7色野菜の種類とそれぞれ持つ体への効果
  • 一日に摂るべき野菜の摂取量

質問いただきました!

30代 女性
30代 女性

健康面やアンチエイジングの為に、抗酸化作用の持つ野菜を摂取しようと意識しています。

その中で「ファイトケミカル」という言葉をよく目や耳にします。

このファイトケミカルについて、分かりやすく教えてほしくて相談させていただきました。

からだギモンブログ
からだギモンブログ

ご質問有難うございます!

抗酸化ブームになってから、ファイトケミカルは良く使われる言葉ですよね。

今回のブログでは、実際に7つの種類の説明を交えながら、解説させていただきます。

カンタンにですが、自己紹介をさせてください!

  • 84年生まれ ドラゴンボール、スラムダンク世代
  • トレーニング指導歴18年 現役最前線のパーソナルトレーナー
  • ダイエットとボディメイクをメインとした、トレーニングと栄養指導が得意
  • これまでに600人以上のボディメイクに成功
  • 今も積極的に勉強会やセミナーに参加し、情報のアップデートは随時更新
  • からだに対するギモンをお持ちであれば、別記事もご覧ください&ご質問お待ちしております^ ^ ↓

スポンサーリンク

▷ファイトケミカルについて

ファイトケミカルとは

野菜にはそれぞれ独自の色や香り、辛味や苦味があります。

これらは「ファイトケミカル」という、植物に含まれる化学物質の特徴により変わってきます。

からだギモンブログ
からだギモンブログ

ベータカロテンやポリフェノールという言葉を聞いたことはありませんか?

これらもファイトケミカルの一種に含まれるんです。

サプリメントでは得られない効果もあるので、自然食材からの摂取が好ましいですね。

つまりファイトケミカルとは、【その野菜たちが持つそれぞれの特徴】のことを表します。

△ 目次に戻る

ファイトケミカルの効果

  • 抗酸化作用
  • 体脂肪の燃焼
  • 白内障予防
  • 血中コレステロール減少 etc…

それぞれを次のブロックにて解説していきます。

△ 目次に戻る



▷7色野菜の種類とそれぞれ持つ体への効果

これから7色の野菜の説明を始めますが、そのうちの4種類の色の野菜を毎日摂るように心がけましょう。

リコピン トマトなど

強い抗酸化作用を持つベータカロテンの10倍、ビタミンEの100倍とも言われています

カプサンチン 赤パプリカなど

リコピンよりも強力は抗酸化作用を持ちます。

血流を良くして代謝を高め、体脂肪の燃焼を促す作用も持ちます

△ 目次に戻る

イソチオシアネート 大根、キャベツなど

辛みのある成分で、すりおろしたり、刻むなどして細胞が壊れた時に発生します。

抗酸化作用のほか、血液サラサラ効果もあります。

硫化アリル 長ネギ、にんにくなど

辛みのある成分で、抗酸化作用やがん予防、体内の有害物質の排出を促してくれます。

△ 目次に戻る

ベータカロテン、アルファカロテン、ベータクリプトキサンチン にんじん、かぼちゃなど

体内でビタミンAに変換されます。

強い抗酸化作用を持ち、皮膚や粘膜の保護、がん予防などの作用も持ちます。

人体の細胞をつくる核になる栄養素なので、積極的な摂取が必要です。

△ 目次に戻る

フラボノイド類 玉ねぎ、黄パプリカ、大豆など

抗酸化作用はもちろん、ビタミンCの吸収を促す作用や、血管を強くする効果を持ちます。

△ 目次に戻る

アントシアニン なす、紫玉ねぎ、紫キャベツなど

強い抗酸化作用を持つほか、白内障を予防する効果を持ちます。

熱に弱い為、生食で摂取することがお勧めです。

△ 目次に戻る

クロロフィル ほうれん草、ピーマン、小松菜など

植物が光合成をおこなう為の成分です。

抗酸化作用はもちろん、血液をサラサラにしたり、血中コレステロールをさげる作用があります。

△ 目次に戻る

クロロゲン酸 じゃがいも、ごぼうなど

空気に触れると黒く変色する成分ですが、変色は酸化した証拠です。

抗酸化作用のほか、体脂肪燃焼にも役立ちます。

△ 目次に戻る

▷一日に摂るべき野菜の摂取量

1日に摂取したい目安は、350g です。

両手を広げて、そこにどっさり乗るくらいの量だと考えてみてください。

それを1日で食べるのは、なかなか無理があると思いませんか?

その時に、栄養補助食品(サプリメント)をうまく使うことをお勧めします。

自然食材とサプリメントを上手に使いながら、酸化を防ぎ、ビタミン、ミネラルも摂取しましょう。

△ 目次に戻る

▷まとめ

ファイトケミカルとは

【その野菜たちが持つそれぞれの特徴】のことで、強い抗酸化作用をもつ

7色野菜のうち4色は食べよう

赤、白、オレンジ、黄、紫、緑、黒

1日に摂るべき摂取量

350g(難しい場合は、サプリメントを併用)

△ 目次に戻る

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この内容が、少しでも読者様のギモン解決や、QOL向上になるよう願っています。

内容がいいねと思ったら、知り合いやご家族、大切な友人にシェアしていただけたら嬉しいです。

メールマガジンの配信もしていますので、そちらのご登録もお待ちしております。

ニュースレターのご登録、宜しくおねがいします!

\ からだのギモンを解決する為のブログをアップし続けます! /

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 「◯◯について知りたい!」
  • 「最近◯◯って流行っているけど、実際どうなの?」
  • 「◯◯に悩んでいるから、アドバイスが欲しい」etc...

上記のようなギモンや悩みがありましたら、下記フォームよりコメントをお待ちしております。

    【それ食べるのちょっと待って!】人気飲食店の栄養カロリーまとめ22選《第114回》
    【ダイエット効率アップ術】なぜみんなやらない?筋トレ前に20分◯◯◯◯すべき!《第113回》
    【ダイエット成功への近道】見える化して6箇所に貼り付けよう《第112回》
    【ダイエットの極意4ヶ条】半年先よりまずは1週間先を見据えるべし!《第111回》
    【今が旬ってなに?】旬の食材についてと、それらを食べて得られる3つのメリット《第110回》
    この記事を書いた人
    矢野 貴宏

    2023年現在、パーソナルトレーナー歴18年の現役指導者です。

    【千葉県八千代市緑が丘 ダイエット専門 加圧&パーソナルトレーニングジムSTYLE】

    このブログでは、様々なからだのギモンにお答えさせていただきます!

    ・ダイエット情報
    ・姿勢改善
    ・腰痛や肩こりの緩和
    ・栄養情報、食事関連
    ・こどもの運動神経活性化や発育

    運動初心者さんに伝わるような内容から、専門家が理解していればいいような、マニアックな内容までお伝えさせていただきます。

    ギモンや質問、悩みがありましたらお気軽にコメントください!

    矢野 貴宏をフォローする

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました