スポンサーリンク

【脂肪って何者?】中性脂肪が低いと困る3つの理由※おまけもあります《第64回》

ダイエット

このブログを読むと、脂肪が低いと困る【3つの理由】がわかります。

※おまけで、脂肪が多いと困る3つの理由も記載します。

さっそく結論からお伝えして、そのあと解説します。

★1 ホルモン生成が少なくなる → 生理不順、内臓機能低下、皮膚のハリの低下

★2 体温調整機能の低下 → 冷え性、免疫力低下

★3 エネルギー貯蔵の低下 → 疲れやすい、疲れが回復しない

※男性は3〜7%以下、女性は15〜20%以下

カンタンにですが、自己紹介をさせてください!

  • 84年生まれ ドラゴンボール、スラムダンク世代
  • トレーニング指導歴17年 現役最前線のパーソナルトレーナー
  • ダイエットとボディメイクをメインとした、トレーニングと栄養指導が得意
  • これまでに500人以上のボディメイクに成功
  • 今も積極的に勉強会やセミナーに参加し、情報のアップデートは随時更新
  • からだに対するギモンをお持ちであれば、別記事もご覧ください&ご質問お待ちしております^ ^ ↓

40代 女性
40代 女性

最近ようやく、体脂肪率が20%きるようになったの!

からだギモンブログ
からだギモンブログ

頑張って痩せましたね!

ですが、女性が体脂肪20%を下回ると、いくつか問題があるんですよ?

40代 女性
40代 女性

え、そうなの?

どんな問題があるの?

からだギモンブログ
からだギモンブログ

大きく分けて、3つの問題があるんです。

これから分かりやすく解説します^ ^

スポンサーリンク

▷中性脂肪とは

まずは中性脂肪について、簡単に紹介します。

STYLE矢野
STYLE矢野

このあたりは少しマニアックになるので、

「ふーん、そうなんだ」程度で大丈夫です!

中性脂肪とは、脂肪酸とグリセリンが合体することで出来上がります。

中性脂肪 = 脂肪酸 + グリセリン

トリアセルグリセロールと呼ばれ、TG と表記されることが多いです。

血液検査の結果で、TGと表記されている数値があるはずなので、見てみてください。

基準値は、30~149mg/dLです。

数値が、110以上もしくは149以上の数値になっている方は、今すぐにパーソナルトレーニングジムへGOです。

その中性脂肪ですが、配置される場所によって、呼び方が2通りにわかれます。

  • 皮膚の下につく、皮下脂肪
  • 内臓の近くにつく、内臓脂肪

皮下脂肪や内臓脂肪には、それぞれ役割があるんです。

この役割こそが、脂肪が低いと困る原因なので、次のブロックで詳しくみていきましょう。

中性脂肪についてや、脂肪燃焼のメカニズムなど↓のブログで詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

△ 目次に戻る



▷体脂肪が低いと困る3つの理由 ※ここからが大事です

●ホルモン生成が少なくなる

体脂肪が低いと、脂肪を原材料として生成される【ホルモン】の量が少なくなります。

ホルモンと一言で表しましたが、実は4つの種類があるんです。

  • ペプチドホルモン
    (成長ホルモンや血糖をさげるインスリンなど大部分のホルモンのほか、リンパ球などに作用するサイトカインもこの仲間です)
  • ステロイドホルモン
    (副腎皮質ホルモン、性腺ホルモン、ビタミンD3など)
  • アミノ酸誘導体
    (副腎髄質ホルモン:アドレナリン、ノルアドレナリン、甲状腺ホルモン)
  • プロスタグランジン

また、ホルモンは作られる場所と、それを受け取る場所(受容体)が決まっているんです。

それぞれの受容体がホルモンを受け取ることで、内臓や各器官は正常に働いてくれますが、そもそもの分泌量が少ないと、うまく機能しなくなってしまいます。

一言で表すなら、「健康を害する」という言葉に要約されます。

これが体脂肪が低いと困る一つ目の理由です。

△ 目次に戻る

●体温を調整できなくなる(保温できなくなる)

脂肪には、体温調整機能があり、蓄えた熱を逃さず保温してくれる作用があります。

これは、末端冷え性や免疫力の低下に直結する作用です。

・脂肪が少ないと、熱を発生しづらく、出来たとしても熱の保温ができないので、末端冷え性になります

・免疫力と体温(正式には腸内の温度と状態)は、深い関係にあり、脂肪が少なく体温が低下すると、同時に免疫力も低下してしまいます

このコロナ渦において、自己免疫を高めるというのは、とても大事な行動になってきます。(※現在2021年9月9日)

しかもこれから秋、冬というウィルスが活動しやすい時期になるので、免疫力を高めなければなりません。

これが体脂肪が低いと困る問題の2つ目となります。

STYLE矢野
STYLE矢野

よく食べ歩きのテレビ番組で、ホンジャマカ石塚さんが

冬でもオーバーオール、タンクトップでいられたのは

最強の脂肪があったからなんですね。

少し食べるだけで熱を生産できるし、その熱を長い時間キープできるからです。

△ 目次に戻る

●疲れやすい、疲れが回復できない

中性脂肪はエネルギーの貯蔵庫の役割を持ちますので、少ないと体力が作られないし、温存することも難しくなってきます。

寝ても疲れがとれない理由の1つとして、脂肪が少ないことが挙げられます。

(脂肪はたくさんあるけど、寝ても疲れが取れない場合は、別に理由があります)

これが体脂肪が低いと困る3つ目の問題となります。

△ 目次に戻る

▷おまけ:体脂肪が多いことの問題3選

今回のブログでは、低脂肪問題がメインの内容だったので、ここからはサブテーマとして体脂肪が多いと困る3つの問題について簡単にお伝えします。

●動脈硬化の原因になる

中性脂肪が多いと血管を狭くして、「つまる」ことから動脈硬化の原因になってしまいます。

三代疾病や健康を守る為にも、体脂肪は増えすぎないように気をつけましょう。

△ 目次に戻る

●脂質異常症、糖尿病、膵炎、甲状腺機能低下症などの諸症状の原因になる

中性脂肪が多いと、様々な内臓の機能低下や、体への悪影響を及ぼします。

血管被害が起きて入院生活や、手術対応にまで発展しないように、まずはこの3つに取り組みませんか?

・食べるモノを考える、食べる量を減らす、食べる時間帯を考える

・お酒を飲む量を減らす、頻度を減らす

・運動頻度を増やす、強度をあげる、ストレッチなど体のケアをする

△ 目次に戻る

●肥満体型になる

見た目を気にせず、着る服もこだわらず、それでいて自分に自信をもっていれば、そのままでいいと思います。

ですが、大半の方はそうではないですよね。

稀にこんなことを仰る方がいました。

「せっかくお金と美味しいモノを食べて出来た体なんだから、痩せるなんてもったいないじゃない」

ダイエットは健康を害する以外は、強要できるものでもありませんからね。

運動はしたくない(できない)、それでも痩せたいとお考えでしたら、オメガ3の摂取をしませんか?

毎日のコーヒーに、スプーン小さじ一杯をいれるだけで、脂肪燃焼効果を増やすことができます。

詳しくはコチラのブログをご覧ください。

△ 目次に戻る

▷まとめ:体脂肪が低い3つの問題と、多い3つの問題

体脂肪が低いと起こる【3つの問題】

★1 ホルモン生成が少なくなる → 生理不順、内臓機能低下、皮膚のハリの低下

★2 体温調整機能の低下 → 冷え性、免疫力低下

★3 エネルギー貯蔵の低下 → 疲れやすい、疲れが回復しない

※男性は3〜7%以下、女性は15〜20%以下

体脂肪が多いと起こる【3つの問題】

★1 動脈硬化の原因になる

★2 脂質異常症、糖尿病、膵炎、甲状腺機能低下症などの諸症状の原因になる

★3 肥満体型になる

△ 目次に戻る

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この内容が、少しでも読者様のギモン解決や、QOL向上になるよう願っています。

内容がいいねと思ったら、知り合いや大切な友人にシェアしていただけたら嬉しいです。

メールマガジンの配信もしていますので、そちらのご登録もお待ちしております。

ニュースレターのご登録、宜しくおねがいします!

\ からだのギモンを解決する為のブログをアップし続けます! /

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 「◯◯について知りたい!」
  • 「最近◯◯って流行っているけど、実際どうなの?」
  • 「◯◯に悩んでいるから、アドバイスが欲しい」etc...

上記のようなギモンや悩みがありましたら、下記フォームよりコメントをお待ちしております。

    【体重公開!】4日間きゅうりダイエットに挑戦してみました!《第80回》
    【SNS紹介】アカウントの奥にいる「人」へ届けたい《第79回》
    【ダイエットマインド】ダイエット中にあるイベントへの向き合い方3選《第78回》
    【ダイエット術】きゅうりダイエットについて、徹底解説します!《第77回》
    【1日3食が痩せるってホント?】朝ごはん問題をズバッと解決!!!《第76回》
    この記事を書いた人
    からだギモンブログ

    2021年現在、パーソナルトレーナー歴17年の現役指導者です。

    【千葉県八千代市緑が丘 加圧&パーソナルトレーニングジムSTYLE】

    このブログでは、様々なからだのギモンにお答えさせていただきます!

    ・ダイエット情報

    ・姿勢改善

    ・腰痛や肩こりの緩和

    ・栄養情報、食事関連

    ・こどもの運動神経活性化や発育

    運動初心者さんに伝わるような内容から

    専門家が理解していればいいような

    マニアックな内容までお伝えさせていただきます。

    ギモンや質問、悩みがありましたら

    お気軽にコメントください!

    からだギモンブログをフォローする

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました