スポンサーリンク

【脂肪燃焼効率をあげる!】朝に運動すべき3つの理由《第7回》

ダイエット

このブログ内容は、運動効率を最大限高めて

痩せ体質になりやすくする、3つの方法が学べます。

スポンサーリンク

運動効率を最大限向上させる時間帯は?

早速、結論からお伝えします!

結論:朝です。(午前中でもOK)

これで終わりでは寂しいので、もう少し詳しく解説を続けます。

カンタンにですが、自己紹介をさせてください!

  • 84年生まれ ドラゴンボール、スラムダンク世代
  • トレーニング指導歴17年 現役最前線のパーソナルトレーナー
  • ダイエットとボディメイクをメインとした、トレーニングと栄養指導が得意
  • これまでに500人以上のボディメイクに成功
  • 今も積極的に勉強会やセミナーに参加し、情報のアップデートは随時更新
  • からだに対するギモンをお持ちであれば、別記事もご覧ください&ご質問お待ちしております^ ^ ↓



△ 目次に戻る

朝に運動をすべき理由 その1

朝に運動をすることで、その日1日の代謝が良くなり

脂肪燃焼回路が、スムーズに回り続けることができます。

  • 朝7時にウォーキングをした A さん
  • 朝7時に起床した B さん

この2人はテレワーカーで、年齢、性別、身長、体重、体脂肪率など数値は同じものと仮定します。

この場合、AさんBさんのこの日1日の消費カロリーを見てみると

● Aさん 1,700キロカロリー

● Bさん 1,450キロカロリー

なんと250キロカロリーも差が出てしまいました。

体脂肪量1kgあたりは、7,200キロカロリーです。

7,200÷250=28.8(約29日)

Aさんは、約29日間で、1kgもの体脂肪量を減らすことができました。



△ 目次に戻る

朝に運動をすべき理由 その2

その日1日の作業効率があがる

運動することで、自律神経は交感神経へとスイッチが入ります。

※活発化するほうの神経支配

そうなれば、たくさんの筋肉を動かすことで

徐々に脳も活性化されていきますから

普段では浮かばないようなアイデアが思いついたり

いつもより集中力が持続できたり

いいことだらけの習慣が待っています。

目次に戻る▶▶

朝に運動をすべき理由 その3

夜にしっかり睡眠がとれる

疲れた脳と体で、自然と睡眠がとれるAさんと

仕事疲れで目や首、腰回りが固まり、そのまま寝てしまうBさんとでは

睡眠の質に違いが出てくるのは明確ですよね。

運動した疲れと、その日1日を頑張った疲れが重なることで

ぐっすりと睡眠を取ることができるAさんは

寝ている時も、脂肪燃焼が続きます。

脂肪の燃焼は、就寝中こそ最大限の効果を発揮します。

ここ、大事なポイントですよ ↑

脂肪燃焼をスムーズに進行させるには

睡眠の質がとても重要になってきます。

  • 睡眠の質
  • 睡眠の合計時間
  • 体のほぐれ具合(寝る前のストレッチ必須)
  • 内臓の状態(満腹状態はNG)

痩せ体質を目指すには、睡眠も味方にしていきましょう。

睡眠に関しては、別ブログでもまとめていますので、よけれはコチラもご覧ください。



△ 目次に戻る

まとめ

【 朝、もしくは午前中の運動習慣をつけよう 】

朝に運動すべき3つの理由 その1

その日1日の代謝が良くなり

脂肪燃焼回路が、スムーズに動かすことができる

朝に運動すべき3つの理由 その2

作業効率があがり、脳の活性化をスムーズにおこなえる

朝に運動すべき3つの理由 その3

睡眠の質が向上する(脂肪燃焼効率があがる)



以上、参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただき、有難うございました!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました