スポンサーリンク

【姿勢改善】体の歪みを修正するなら、まずこの1つに取り組むべし《第22回》

ストレッチ

このブログを読むと、こんなことが分かります ↓

姿勢を改善するうえで、取り組むべきたった【1つの動作】が分かります

さっそく結論からお伝えします! ↓

結論:左右を逆転した生活を続けよう

これから順番に解説させていただきます。

スポンサーリンク

▷ 姿勢を改善する為に、左右逆転生活をしよう!

今回の悩みテーマはこちら

40代 女性
40代 女性

体の歪みが原因なのかは分かりませんが、肩こりや腰痛がひどいです。

自宅にいながら、簡単にできるような姿勢改善運動があれば、教えてください!

からだギモンブログ
からだギモンブログ

ご質問ありがとうございます!

肩こりや腰痛、辛いですよね。。。

今回はそんな悩める方に、自宅にいながら簡単できる、姿勢改善運動をご紹介します!

カンタンにですが、自己紹介をさせてください!

  • 84年生まれ ドラゴンボール、スラムダンク世代
  • トレーニング指導歴18年 現役最前線のパーソナルトレーナー
  • ダイエットとボディメイクをメインとした、トレーニングと栄養指導が得意
  • これまでに600人以上のボディメイクに成功
  • 今も積極的に勉強会やセミナーに参加し、情報のアップデートは随時更新
  • からだに対するギモンをお持ちであれば、別記事もご覧ください&ご質問お待ちしております^ ^ ↓



なぜ姿勢が歪むのか?

姿勢(からだ)が歪む原因のひとつとして挙げられるのが、日常動作やスポーツ動作の癖によって歪みます。

例えば・・・

  • 骨盤の位置は?(左上?右上?左前?右前?)
  • ショルダーバッグをかける肩(左?右?)
  • 歩くとき、つまさきの向きは?(内側?外側?)
  • 足を組む(左?右?)
  • 片足立ちの姿勢(左荷重?右荷重?)
  • スマホの触る手(左?右?)
  • テレビのリモコンを操作するのはどっち?
  • ドアを開く(もしくは閉じる)時の使う腕はどっち?
  • ズボンを履くとき、どっちの脚から履いている?
  • ズボンにベルトを巻くとしたら、どっち巻き? etc……

例を挙げ出したらキリがないくらい、たくさんの左右差、前後差があると思います。

最近だと、「スマホっ首」なんて造語ができてしまうくらい、姿勢悪化が目立つようになってきていますよね。

上に挙げた例以外にも、

「あ、コレを改善したらいいのかも」と思うようなことがあれば、どんどん生活に変化を加えていきましょう。

※骨盤に関しては奥が深いので、また後日別のブログにまとめてアップします。

△ 目次に戻る

歪みを改善するたった1つの取り組むべき行動策※ここ最重要ポイント

今までのルーティンを壊しましょう!

今まで右でしてる動作があれば、左に改善をしましょう。(先ほどの例を参考ください)

同様に左でしているものがあれば、右に変化するだけでも、姿勢の改善はじゅうぶんに期待できます。

もちろん、無理にルーティンを変える必要もありません。

からだギモンブログ
からだギモンブログ

バッグの位置や脚の組み方など、直接「骨」や「関節に影響があるような動作は、変えることを強くお勧めします。

ですが、車のハンドル操作を今までと逆にして、危なくなってしまったとか

「ここ一番!」という時に普段のルーティンを崩して失敗してしまうなどの例もあるので

【この動きは姿勢に対して改善したほうがいいだろう】と思えるような動作を変更しましょう。

私は右利きですが、去年(2020年)の5月から、左手でごはんを食べるように変えました!

△ 目次に戻る



▷ 体は消耗品

骨の奇形は改善が難しいが、◯○は変えられる

先天的(生まれつき)もしくは後天的(生まれてから後)に変化のある骨や関節においては、骨の形を修正することは難しいとされています。

ですが、骨の形は変えられなくても、周辺の関節の柔軟性や可動域(かどういき)は変えることができます。

毎日ストレッチをしていても、なかなか柔軟性が向上しないのであれば、伸ばす方向や形を変えてみましょう。

上の画像は左脚のもも裏(ハムストリングス)のストレッチをしてるのを例に挙げると ↓

  • 左膝を少し曲げて、引っ張る力を強くしてみる
  • 右のつまさきに何かをひっかけて、右足が上がらないようにする
  • 首にハーフポールを置いて、首の負担を少なくする(これは背骨を安定させる為です)
  • 伸ばす時間を増やしてみる
  • 手で引っ張るのではなく、タオルやゴムバンドに変えてみる etc…..

少しアクションを変えるだけで、結果は大きく違ってきますので、ご参考ください。

▷ まとめ

体の歪みを改善するなら ↓

左右逆転生活をして、体の癖を変えよう! ※例外アリ

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この内容が、少しでも読者様のギモン解決や、QOL向上になるよう願っています。

内容がいいねと思ったら、知り合いやご家族、大切な友人にシェアしていただけたら嬉しいです。

メールマガジンの配信もしていますので、そちらのご登録もお待ちしております。

ニュースレターのご登録、宜しくおねがいします!

\ からだのギモンを解決する為のブログをアップし続けます! /

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 「◯◯について知りたい!」
  • 「最近◯◯って流行っているけど、実際どうなの?」
  • 「◯◯に悩んでいるから、アドバイスが欲しい」etc...

上記のようなギモンや悩みがありましたら、下記フォームよりコメントをお待ちしております。

    【それ食べるのちょっと待って!】人気飲食店の栄養カロリーまとめ22選《第114回》
    【ダイエット効率アップ術】なぜみんなやらない?筋トレ前に20分◯◯◯◯すべき!《第113回》
    【ダイエット成功への近道】見える化して6箇所に貼り付けよう《第112回》
    【ダイエットの極意4ヶ条】半年先よりまずは1週間先を見据えるべし!《第111回》
    【今が旬ってなに?】旬の食材についてと、それらを食べて得られる3つのメリット《第110回》
    この記事を書いた人
    矢野 貴宏

    2023年現在、パーソナルトレーナー歴18年の現役指導者です。

    【千葉県八千代市緑が丘 ダイエット専門 加圧&パーソナルトレーニングジムSTYLE】

    このブログでは、様々なからだのギモンにお答えさせていただきます!

    ・ダイエット情報
    ・姿勢改善
    ・腰痛や肩こりの緩和
    ・栄養情報、食事関連
    ・こどもの運動神経活性化や発育

    運動初心者さんに伝わるような内容から、専門家が理解していればいいような、マニアックな内容までお伝えさせていただきます。

    ギモンや質問、悩みがありましたらお気軽にコメントください!

    矢野 貴宏をフォローする

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました