スポンサーリンク

【発育、発達】こどもはいつからプロテインを飲んでもいい?《第16回》

こどもの教育

このブログを読むと、こんなことが分かります ↓

・こどもの成長とプロテインの関係について

・こどもがいつからプロテインを飲んでも大丈夫なのか

質問をいただきました!

40代 女性<br>T・A様
40代 女性
T・A様

現在、中学2年(男)と小学5年(男)の息子たちですが

いつからプロテイン飲んでもいいのでしょうか?

早くからプロテインをのみはじめると

身長が伸びなくなってしまうという噂やネット記事をみました。

専門家の意見を伺えたらと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

ご質問いただき、ありがとうございます。

確かにそのような噂やネット記事は、たくさんありますよね。
今回のブログでは、「成長期でのサプリメント摂取について」という観点で回答させていただきます。

カンタンにですが、自己紹介をさせてください!

  • 84年生まれ ドラゴンボール、スラムダンク世代
  • トレーニング指導歴17年 現役最前線のパーソナルトレーナー
  • ダイエットとボディメイクをメインとした、トレーニングと栄養指導が得意
  • これまでに500人以上のボディメイクに成功
  • 今も積極的に勉強会やセミナーに参加し、情報のアップデートは随時更新
  • からだに対するギモンをお持ちであれば、別記事もご覧ください&ご質問お待ちしております^ ^ ↓



スポンサーリンク

▶︎結論からお伝えします

・思春期前半から、摂取しても大丈夫

(※1確認が必要:後ほど記述します。 ※2私個人としてはあまりお勧めしません)

・思春期後半になったら、積極的に摂取するべき

・基本的には食事から栄養を摂取すること

・サプリメント(プロテイン)のみの、置き換え食事はNG

・サプリメント(プロテイン)に頼った食生活にならないこと

△ 目次に戻る

▶︎成長期でのサプリメント摂取について

◯成長期を細分化します

まず、成長期について年齢別で細分化します。

【 女子 】

乳幼児期 0歳〜3歳

前思春期 4歳〜9歳

思春期 10歳〜17.5歳

【 男子 】

・乳幼児期 0歳〜3歳

・前思春期 4歳〜11歳

・思春期 12歳〜18歳

公益財団法人成長科学協会 引用

このように、3段階に分類されます。

女子と男子に若干の違いがあるのは、生殖器系の発達やホルモンバランスの違いが理由です。

△ 目次に戻る

◯サプリメントの定義

「栄養補助食品」や「栄養補充食品」と呼ばれるように

あくまで食事を摂りつつ、足りない栄養を補うという役割です。

プロテインもサプリメントに分類されますので、必要摂取量が足りていない場合に

効率性を求めるという理由で、摂取するのが好ましいと言えます。

ですが、今回の場合は摂取対象がこどもさんなので

摂取量や摂取可能時期について、大人と少し変わってきます。

この部分を次のブロックで解説します。↓

◯こどものプロテイン摂取について(思春期前半)

冒頭部分の結論でお伝えした通り、思春期前半からプロテインを

摂取すること自体は可能と考えます。

ですが、大事な注意事項を覚えていただきたいです。

プロテインを摂取して、お腹が下したり、便の調子が悪くなるようなら摂取しない

これは、まだプロテインをアミノ酸に分解するまでに

消化器系の内臓(胃、十二指腸、小腸など)が未発達ということを表します。

要するに、内臓が悲鳴をあげているということです。

  • 分解処理できないから、緊急排出という手段でお腹を下す
  • 未消化があるから、大腸内でパンクしてしまい、便の調子が悪くなる

それともう一つ、この思春期前半のプロテイン摂取について

私個人としてあまりお勧めしない理由としては

サプリメントではなく、自然食から栄養を摂取してほしいということです。

そうすることで、体の成長や発育に関して、大きな3つのメリットがあります。

  • 消化器系の内臓の、分解能力が強くなる【内臓の強化】
  • 骨や血管、皮膚の生成や靭帯や腱、筋肉の発達がしやすくなる【組織の強化】
  • 体力強化に繋がる【発達、発育の強化】

思春期前半のあいだは
ごはんたくさん食べて、お肉お魚卵いっぱい食べて、野菜モリモリ食べて
いっぱい動いて、たくさん寝て、身長ガンガン伸ばして
健康で丈夫で元気な体を作りましょう!



△ 目次に戻る

◯こどものプロテイン摂取について(思春期後半)

この時期になると、「成長スパート」と呼ばれる身長の急激な伸びは

落ち着いている時期なので、このあたりからは積極的にプロテイン摂取を促しましょう。

いわゆる、「縦の成長の次は横の成長」とうことです。

※横に成長しすぎて、ダイエットが必要にならないように気をつけましょう。

(大人になったら後悔します)

この時期にもなれば、内臓系の発育も終了しているので

分解処理ができないということは少ないと考えます。

※乳糖不耐性やアレルギーあったり、もともと胃や小腸になんらかの不具合がある場合は除く

◯少し話を脱線します

女子はすでにダイエットに興味をもち始め

食べることが嫌(怖い)から、手軽に栄養を摂れる

サプリメントに走る傾向があります。

これは栄養学上でも、発育発達という観点からみても

NG行動ですので、親御様がコントロールをしてあげてください。

△ 目次に戻る

▶︎まとめ

・思春期前半から、摂取しても大丈夫

(※1確認が必要:後ほど記述します。 ※2私個人としてはあまりお勧めしません)

・思春期後半になったら、積極的に摂取するべき

・基本的には食事から栄養を摂取すること

・サプリメント(プロテイン)のみの、置き換え食事はNG

・サプリメント(プロテイン)に頼った食生活にならないこと

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この内容が、少しでも読者様のギモン解決や、QOL向上になるよう願っています。

内容がいいねと思ったら、知り合いや大切な友人にシェアしていただけたら嬉しいです。

メールマガジンの配信もしていますので、そちらのご登録もお待ちしております。

ニュースレターのご登録、宜しくおねがいします!

\ からだのギモンを解決する為のブログをアップし続けます! /

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 「◯◯について知りたい!」
  • 「最近◯◯って流行っているけど、実際どうなの?」
  • 「◯◯に悩んでいるから、アドバイスが欲しい」etc...

上記のようなギモンや悩みがありましたら、下記フォームよりコメントをお待ちしております。

    【体重公開!】4日間きゅうりダイエットに挑戦してみました!《第80回》
    【SNS紹介】アカウントの奥にいる「人」へ届けたい《第79回》
    【ダイエットマインド】ダイエット中にあるイベントへの向き合い方3選《第78回》
    【ダイエット術】きゅうりダイエットについて、徹底解説します!《第77回》
    【1日3食が痩せるってホント?】朝ごはん問題をズバッと解決!!!《第76回》
    この記事を書いた人
    からだギモンブログ

    2021年現在、パーソナルトレーナー歴17年の現役指導者です。

    【千葉県八千代市緑が丘 加圧&パーソナルトレーニングジムSTYLE】

    このブログでは、様々なからだのギモンにお答えさせていただきます!

    ・ダイエット情報

    ・姿勢改善

    ・腰痛や肩こりの緩和

    ・栄養情報、食事関連

    ・こどもの運動神経活性化や発育

    運動初心者さんに伝わるような内容から

    専門家が理解していればいいような

    マニアックな内容までお伝えさせていただきます。

    ギモンや質問、悩みがありましたら

    お気軽にコメントください!

    からだギモンブログをフォローする

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました