スポンサーリンク

【部分痩せはできる!】部分的に痩せる為の大事な3つの方法《第103回》

ダイエット
40代 女性
40代 女性

部分痩せってできるの?

STYLE矢野
STYLE矢野

結論からお伝えすると、出来ます!

出来ると答えた3つの理由(方法)について、解説させていただきます。

早速、結論(部分やせ出来る方法3つ)をお伝えします!

  1. 部分痩せしたい部分に特化したトレーニングメニューをおこなう
  2. 痩せたい部分の筋肉と筋膜の柔軟性を獲得する
  3. 部分痩せしたい部位や筋肉を意識しながら動かす

カンタンにですが、自己紹介をさせてください!

  • 84年生まれ ドラゴンボール、スラムダンク世代
  • トレーニング指導歴17年 現役最前線のパーソナルトレーナー
  • ダイエットとボディメイクをメインとした、トレーニングと栄養指導が得意
  • これまでに500人以上のボディメイクに成功
  • 今も積極的に勉強会やセミナーに参加し、情報のアップデートは随時更新
  • からだに対するギモンをお持ちであれば、別記事もご覧ください&ご質問お待ちしております^ ^ ↓

スポンサーリンク

▷部分痩せは出来る!その3つの方法について

ダイエットをして腕や脚を細くしたい!と考えたとき、「部分痩せってホントにできるの?」と考えたことはありませんか?

ダイエットを専門としてパーソナルトレーニングを15年以上続けてきた経験上、それは【可能】です。

今回の記事では、「部分痩せが可能な3つの理由(方法)」をお伝えさせていただきます。

部分痩せしたい部分に特化したトレーニングメニューをおこなう

例えば、二の腕のプルプル(いわゆる振袖)をなくしたいと思ったら、その部分を引き締める為のトレーニングメニューをしましょう。

おしりを小さくしたいと考えたら、おしりを引き締めるメニューにしなければなりません。

例えば今後のメニューに変化を加えるとしたら↓

  • 回数を増やす
  • セット数を増やす
  • 強度をあげる
  • インターバル(休憩)を短くする
  • 種目を増やすetc….

これら5つを日によって変えてみてはいかがでしょうか?

是非試してみてほしいと思います。

痩せたい部分の筋肉と筋膜の柔軟性を獲得する

筋肉と筋膜の柔軟性は、部分痩せのみならず、全身の引き締めに必要です。

ストレッチと筋膜リリースがなぜ大事か、また、どちらを先にすべきかについては、こちらの記事をご覧ください↓



部分痩せしたい部位や筋肉を「意識」しながら動かす

筋トレ中、ただ辛いで終わってませんか?

ちゃんと、「今、ここの筋肉使ってる!」と考えたことはありますか?

意識することで、引き締め効率も普段の20%は割増してくれます。

▷部分痩せしたいトップ3

いままで様々なクライアント様とカウンセリングをさせていただいたなかで、「部分痩せをしたい!」とよく聞く部位のトップ3を発表させていただきます。

  1. 二の腕
  2. ふともも(うちもも)
  3. おしり

1位:二の腕

1位は不動の「二の腕」です。

春先や夏など、薄着の時期に限らず、冬でも多くリクエストを頂く機会が多い部分です。

2位:ふともも(うちもも)

2位はふとももの中でも、もっともたるみやすいとされる「うちもも」です。

太もも同士の隙間、作りませんか?

3位:おしり

3位は「おしり」でした。

おしりの幅を狭くして、上へと引き上げるトレーニングを提供します。



▷まとめ:今後の筋トレ内容を変えよう

部分痩せをするには、3つのハードルをクリアする必要があります。

  • 皮下脂肪、内臓脂肪の燃焼
  • 筋肉の引き締め
  • 筋肉、筋膜の柔軟性(順不同)

この3つをクリアするということは、狙った部位はもちろんですが、結果的にお腹や腰回り、背中などの引き締めもできてくるでしょう。

結果を出す為に、普段おこなっているトレーニングメニューの変更をしてみませんか?

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この内容が、少しでも読者様のギモン解決や、QOL向上になるよう願っています。

内容がいいねと思ったら、知り合いや大切な友人にシェアしていただけたら嬉しいです。

メールマガジンの配信もしていますので、そちらのご登録もお待ちしております。

ニュースレターのご登録、宜しくおねがいします!

\ からだのギモンを解決する為のブログをアップし続けます! /

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

  • 「◯◯について知りたい!」
  • 「最近◯◯って流行っているけど、実際どうなの?」
  • 「◯◯に悩んでいるから、アドバイスが欲しい」etc...

上記のようなギモンや悩みがありましたら、下記フォームよりコメントをお待ちしております。

    【朝トレこそ痩せる】朝に運動することで痩せる3つの理由!ダイエットを成功したいなら朝動くべき!《第109回》
    【夏はナッツ】夏を元気に過ごす6つのミネラルと有塩ナッツを薦める3つの理由《第108回》
    【足がつる】こむら返りを予防する為に必要な5つの知識《第107回》
    【完全保存版ダイエットチェックリスト】痩せる為の20項目を定期的に確認しよう!《第106回》
    【みるみる脂肪が落ちる!】有酸素運動はこの2つのタイミングが1番痩せる!《第105回》
    この記事を書いた人
    からだギモンブログ

    2022年現在、パーソナルトレーナー歴18年の現役指導者です。

    【千葉県八千代市緑が丘 加圧&パーソナルトレーニングジムSTYLE】

    このブログでは、様々なからだのギモンにお答えさせていただきます!

    ・ダイエット情報

    ・姿勢改善

    ・腰痛や肩こりの緩和

    ・栄養情報、食事関連

    ・こどもの運動神経活性化や発育

    運動初心者さんに伝わるような内容から

    専門家が理解していればいいような

    マニアックな内容までお伝えさせていただきます。

    ギモンや質問、悩みがありましたら

    お気軽にコメントください!

    からだギモンブログをフォローする

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました